ホームごあいさつ役員体制ニュース福利厚生ご案内お問い合わせ

ユースネットワーク

女性フォーラム

心ひとつに運動

Smile プロジェクト

日本郵政グループ労働組合

JP共済

株式会社 友愛

参議院議員 なんば奨二

小沢まさひと

Change バックナンバー

JP労組神奈川連協 Twitter

JP労組山梨県連協Twitter

 
 

トピックス

2020年度
2019年度 2018年度 
 
 

 
     

 21春闘妥結内容や新採オルグについて学習会を開催しました。当日は、初のZoomを活用したWeb会議形式にて、神奈川と山梨2会場に分けて会議を開催しました。
 ※コロナウイルス感染防止策として、距離を保った配置、換気等を行ったうえで会議を実施しています。

 
 

 
     

 「第13回定期全国大会」(2月4日~5日Web開催)に向けて、これまで各支部で集約した意見を元に、地方意見の策定に向けた議論を行いました。
 地方意見としての問題意識と発言項目(大きく6項目)について説明し、全体で確認を行ないました。
 ※コロナウイルス感染防止策として、距離を保った配置、換気等を行ったうえで会議を実施しています。

 
 

 
 
     

 JP労組は、2月4日~5日に、第13回定期全国大会を開催し、来夏に行われる、第26回参議院議員選挙における、JP労組組織内候補予定者として、「柴 愼一」中央本部副執行委員長を擁立することを全体で確認しました。
 また、各地本と青年・女性代表の15名が発言し、南関東からは神奈川中部支部の小池代議員が、「柴愼一組織内候補者の勝利に向け、全力で闘っていくことを」力強く発言しました。
 女性代表からは、川崎北支部山下中央女性フォーラム幹事が、女性参画率の向上や女性組合員7万人に向けた活動展開について発言しました。
 ※コロナウイルス感染防止策として、距離を保った配置、換気等を行ったうえで会議を実施しています。

 
 

「第13回定期全国大会」(2月4日~5日Web開催)に向けて、これまで各支部で集約した意見を元に、地方意見の策定に向けた議論を行いました。
 地方意見としての問題意識と発言項目(大きく6項目)について説明し、全体で確認を行ないました。
 ※コロナウイルス感染防止策として、距離を保った配置、換気等を行ったうえで会議を実施しています。

 
 

 
     

 今回は、学習会形式で行い、①郵便法改正に関わる対応、②日本郵政グループの状況(第2四半期決算より)、③2021春季生活闘争方針(案)の策定に向けた検討について学びました。また、分科会に分かれて、それぞれ意見集約等を行いました。
 ※コロナウイルス感染防止策として、距離を保った配置、換気等を行ったうえで会議を実施しています。

 
 

 
     

 JP労組中央本部は、11月25日に「第21回中央委員会」を開催しました。コロナ禍を背景に初のWEB形式によるリモートでの決議機関として「2020年度の運動・活動展開に向けた補強等」に対する議案の審議を行ない、各地方本部の発言を受け本部見解が示されました。
 南関東からは、鈴木中央委員が力強く発言しました。
 ※コロナウイルス感染防止策として、距離を保った配置、換気等を行ったうえで会議を実施しています。

 
 

 
     

 ゆうちょ銀行・かんぽ生命の各支部代表者が出席し、2020年度地方要求書の交渉結果・経緯を中心として職場課題解決に向けた議論や組織拡大をテーマに開催しました。職場の状況をしっかりと受け止め、交渉等に活かしてまいります。
 ※コロナウイルス感染防止策として、距離を保った配置、換気等を行ったうえで会議を実施しています。

 
 

 
     

 2021春季生活闘争方針(案)の策定に向けて、これまでの支部意見集約や日本郵政グループの経営状況等を加味し、7月に示した「職場討議資料」から一歩進んだ形で豊富化をはかり、課題認識の補強等をもって策定された職場討議資料を元に、中央本部から提起後、支部代表者による質疑・討論が行われました。  

各支部からの意見を踏まえ、2021春季生活闘争方針策定に対する地方意見としてまとめていきます。
 ※コロナウイルス感染防止策として、距離を保った配置、換気等を行ったうえで会議を実施しています。
 
 

   「第21回中央委員会」(11月25日Web開催)に向けて、「2020年度年間執行方針に沿った運動活動の補強提起をはじめとする当面の取り組み(案)(JP労組新聞号外2020.10.23)」について、これまで各支部で集約した意見を元に、地方意見の策定に向けた議論を行いました。
各支部からは、一時金4.3月の確保、定期昇給の確保、ベースアップの実現、グループ一体処遇の確保について多くの意見があり、地方本部としても同様の認識から、組合員の声をしっかりと反映し、「第21回中央委員会」において地方意見として発言していきます。
 ※コロナウイルス感染防止策として、距離を保った配置、換気等を行ったうえで会議を実施しています。

 

 

 
     

 横浜鶴見支部は、福祉型労働運動の取り組みとして、「福祉チャリティーフェスタ2020」へ参加しました。グループカラーのマスクを着用してコロナ対策をしっかりと行い、パラリンピック競技でもある「ボッチャ」競技等を体験しました。また、支部の取組みとしてフードドライブを実施し、フードバンクヘの寄付も行ないました。今後も引き続き福祉型労働運動に取り組んでまいりますので、組合員のみなさまのご参加をお待ちしています。

 
 

   日本郵便セグメント別の各支部代表者が出席し、2020年度地方要求書の交渉結果・経緯を中心として職場課題解決に向けた議論や組織拡大をテーマに開催しました。職場の状況をしっかりと受け止め、交渉等に活かしてまいります。
 ※コロナウイルス感染防止策として、距離を保った配置、換気等を行ったうえで会議を実施しています。

 

 

 
     

 本セミナーは、支部役員の人材育成を主眼に置き、支部役員(3年未満)を対象に、JP労組の運動理念や民主的労働運動などについての理解を深める内容を主体として研修を実施しました。
 また、なんば奨二参議院議員にお越しいただき、郵便法改正法案のポイントや国会情勢等を講話していただきました。
 ※コロナウイルス感染防止策として、距離を保った配置、換気等を行ったうえで会議を実施しています。

 
 

 
     

 関東地方ユースネットワークは、女性フォーラムと合同で、9月25日、横浜市内にて「ユースネットワーク・女性フォーラム役員セミナー」を開催しました。
当日は、受付時の検温や手の消毒など新型コロナウイルス感染症対策を万全に行ったうえで、ユースネットワーク・女性フォーラム支部役員56名が参加し、組合活動について改めて理解を深めるため、労働組合の役割や組織体系などについて講義を行ったほか、組織強化に向けたグループ討議や未加入者の模擬オルグを行い、新たな“きづき”を感じることができました。
また、今回は小沢まさひと参議院議員にお越しいただき、新党結党についての決意表明や国会情勢を踏まえ、菅新内閣に「負の遺産」の改善・解消を厳しく追及していく姿勢などについて講話をしていただいたほか、支社総務・人事部長からは、これまでの自身の経験を踏まえ、「労使関係の更なる発展に向けた共同宣言」の深化に向けて、について講話をしていただき、いずれも大変貴重なお話しをいただく機会となりました。
 参加者からは、「組合活動について改めて理解を深めることができた」、「支部の組織拡大に向けて模擬オルグなどが大変参考になった」などという前向きな意見が多く寄せられ、今回のセミナー開催が大変有意義なものになったと感じました。
 今後も南関東地方ユースネットワークでは、新型コロナウイルス感染症対策を万全に行ったうえで、活動を停滞させないための取り組みを推進していきます。
 ※コロナウイルス感染防止策として、距離を保った配置、換気等を行ったうえで会議を実施しています。

 
 

 三浦支部はこれまで、新型コロナウイルス感染防止の観点から、リモートでの執行委員会を検討してきました。今回で2回目となる、LINEを活用したWeb執行委員会に、地方本部も参加し、支部役員の皆さんからの意見や質問に、地本の交渉担当執行委員がそれぞれ答えるなど、あらたな会議運営を行ないました。
 地方本部は、引き続き、デジタルツールを活用した会議運営のあり方について、検討・検証していきます。

 
 
 

 
     

 JP労組神奈川連協ユースネットワークは、一般職をめざしている組合員や、コース転換を希望する組合員の一助とするため、講師をお招きしコース別に講演をいただき、自分自身のスキルアップを目的として学習会を開催しました。
 100名を超える組合員が参加され、「大変勉強になった」「今後目指していく方向性を学べた」と、多くの参加者から好評でした。
 ※コロナウイルス感染防止策として、距離を保った配置、換気等を行ったうえで会議を実施しています。

 
 

 
     

 本セミナーは、支部役員の人材育成を主眼に置き、2019年度開催の「アドバンスセミナー」(2019.10.25-26)に出席した支部役員(3年未満)を対象に、JP労組の運動理念や民主的労働運動などについての理解を深める内容を主体として研修を実施しました。
 ※コロナウイルス感染防止策として、距離を保った配置、換気等を行ったうえで会議を実施しています。

 
 

 
     

 JP労組南関東地方本部は、2020年9月3日に神奈川県内にて「第1回支部長・支部書記長合同会議」を開催しました。
 2020年度年間執行方針について、地方本部と各支部とで確認し、向こう1年間の運動の腹合わせを行いました。
 また、交渉課題・職場課題について議論され、2021春闘方針(案)の策定に向けた今後の取り組みについて意識合わせを行い、各支部から活発な意見・質問が出されました。
 ※コロナウイルス感染防止策として、距離を保った配置、換気等を行ったうえで会議を実施しています。

 
 
このページのトップへ